◆食べることは人と人を結びあうもの

食事は、健康な体をつくるために欠かすことのできないものです。しかし、食べるということは、単に栄養素が満たされるというだけでなく、心の通った食べ物をみんなでおいしく楽しく食べることで心の成長にも大きく関わります。子どもは大人との信頼関係の中で安心して、しっかりと食事ができるようになります。また、食べることを通して友だちと共感したり、刺激し合ったり、友だちとの関わりもより深くなります。

子どもたちにとって食べることが楽しいこと、嬉しいこととなるために、保育園では、給食を保育の一環として位置づけ、栄養士・保育士と話し合いながら、子どもたちの豊かな食生活をつくっていきたいと思います。

給食

・和食のメニューにして、一汁二菜にしています。

・旬の食材を使い、野菜や果物もできるだけ国産のものをつかいます。

・だしは、かつおぶし・昆布でとり、薄味で素材の味を生かす工夫をしています。

・食器は、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく食べられるように、おひつや汁食管を使います。器は持ちやすく温かみのある磁器や木の汁椀にし、はしは握りやすく、つかみやすい竹箸を使用しています。

・昼食もおやつも手作りを基本としています。

離乳食

子どもの発達に合わせて手作りし、保育士と連携をとりながら進めます。

アレルギー除去食

健康な子になってほしい!という願いから、アレルギー除去をしています。食物アレルギーがあっても、できるだけみんなと同じものが食べられるよう『卵・牛乳』を除いた献立にしています。代替食もできるだけ見た目が同じように工夫しています。

行事食

・季節にあった行事食では、こどもの日の柏餅やお月見の団子など、日本の伝統文化を知れるようにしています。

・保育と関連した行事食では、運動会頑張ったパーティーなど。いつもより品数を増やしバイキング形式にして、みんなで頑張ってやり遂げたことを喜び合います。

クッキング

食べ物を身近に感じ、作る楽しさや食材の変化、食べたおいしさが一体となる大切な取り組みです。保育の中で、年間を通してと取り組みます。

献立・展示

・毎月離乳食と普通食の献立表を全家庭に配布します。

・どんな食事なのか、形態や量も見ていただくために、その日の昼食とおやつを献立名とともに展示しています。

高陽食育01